Digital Creating tips for Comic & Illustrationの最近のブログ記事

以前、マンガのネーム描きとして理想的なアプリは何じゃろ?という企画記事で、私ナンバーワン~((C)アイマス)を勝ちとった「UPAD Lite」が久々のアップグレードをした模様です。(Ver.1.90)

緊急企画!iPad2で漫画のネームは出来るのか試してみた!(改)

この記事が公開になってから、記事が某ポッドキャストで紹介されたり、Mac雑誌に連載されている、鈴木みそ氏の漫画で「ネームに便利」と紹介されたり、記事がTwitterでリツイートされたりと、コツコツかつ地味~にですが、ネーム作成ツールとしての認知が徐々にされつつある模様。嬉しい限りですねぇ。(笑)

アイコンも、それまでのペーパーパッドをあしらった、あっさりしたものから、重厚な本革張り&メタルロゴ風ド~ン!!となり、「無料版といえどハンパねーぞ!4649!」という気合が見え隠れ...したりしなかったりしますwww。(感想には個人差があります)
(2011年10月4日追記:Lite版は今日のマイナーアップグレードで素朴なアイコンに変わってしまいました)

で、肝心の新機能ですが...

ほぼ画像なので、ググる先生にも引っかかりにくいと評判のページでスマン。
前記事の、漫画のネームをiPad2でやってみようという試みで、UPAD Lite(無料アプリ)というiPadアプリを取り上げました。
このアプリには3つのモードがあって、「メモパッド」「ブック」「写真」というふうに扱い方が微妙に違うモードがあります。

前記事では、ネームは「メモパッド」モードでの作成でした。バックグラウンド画像にネーム用紙画像を指定して(カンタンに言うと定形の便箋を選んで)作成しました。
1ファイルで複数ページを管理できるし、コレでも充分に用は足りるのですが、こういうやり方もあるというのを追加しておきますね。

我が家にiPad2がやってきました。


わぁーい!ありがとう、ジョブズ!ヽ(´ー`)ノ レザーケースはAmazonで280円(特価割引き後)だったよ。送料(340円)のほうが高かったよ!w

というわけで、ちゃんと仕事にも使いますよ!遊びのためのツールではないのです。いかな俺様でも、KORGのアレコレをiPad2に入れて、真っ昼間っからハスハスしているだけのダメ人間ではないのです!(笑)

とはいえ、筆圧もヘッタクレもないタッチパネルですので、コレで商業誌原稿をペン入れして仕上げとか、カラー水彩イラストを仕上げようとか、わざわざ修羅の道を行くことはしません。我が家には既に、i7様を積んだPCがあって、SAIやらコミスタが液晶タブレットと共に鎮座ましましているのですから。というわけで、iPad2では構想~ネームまでをやってもらうのが分相応でしょう。

構想やプロットは、Evernoteとか色々便利ツールがあるので、ワザワザ試そう!とかしないでも良いと思うので、ここでは割愛します。Evernote便利だよ。
で、今回はiPad2で漫画の下描きの一段階前になる、「ネーム」をやってみたいと思います。